神社の参拝の正しい仕方~二礼二拍手一礼 願掛けで大切なこと&参拝の後は?


神社の参拝の正しい仕方~二礼二拍手一礼 願掛けで大切なこと&参拝の後は?

さて、手水舎で身も心も清めたら

いざ参拝です。

二礼二拍手一礼が基本と言いますが

実際にしっかりと理解していますか?

スポンサードリンク

二礼二拍手一礼の正しい仕方

拝殿の前に立ち、軽く会釈をしてから、鈴を鳴らします。

この時、なるべく神前の中央には立たないようにしましょう。

この鈴を鳴らすのは、鈴の音で邪気を払うことや

神様に自分が来たことを知らせて、神様に来てもらうためにします。

次に賽銭箱にお賽銭を入れます。

お賽銭はお供物と同じ意味を持ちますので、そっと静かに入れましょう。

半紙に包んで入れるのも良いですね。

場合によっては、最初ではなく、ここで鈴を鳴らすところもあるようですが、

明確な決まりはないようです。

いよいよ二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)です。

まずは、「二礼」

2回、深く頭を下げておじぎをします。

次に「二拍手」

2回、拍手をするわけですが

単に「パン!パン!」とする訳ではなく

手は少しずらすんですよね。

右手を少し下にずらして二拍手して、

それから掌(指先)を合わせるようにします。

それから、胸の高さで掌を合わせるようにしましょう。

最後に「一礼」

1回、深く頭を下げておじぎをします。

この動作が基本です。

ただ、神社によっては参拝作法が違う所もあるようですね。

中には特殊な作法もあるようです。

一般的な参拝の仕方をしていれば問題はないかもしれませんけど、

これすら出来ないとなると、笑われてしまうかもしれませんので、

いつ誰と行っても、戸惑わないように覚えておきましょう。

特に男性は、一緒に行く女性に知的なところをアピールできるかも?ですよ。

神社の参拝の正しい仕方~二礼二拍手一礼 願掛けで大切なこと&参拝の後は?

よく、神社へお願いごとをしに行くという人もいますが

実は、神社への参拝はお願いごとをしに行く訳ではないんです。

感謝と誓いをするために行くんですよね。

「いつもありがとうございます」

「今年は〇〇をがんばります」

というようなことが、本来の正しい作法のようです。

とは言っても、私も参拝に行けば必ず私的なお願いをしてしまいますが。

願い事をする時ですが、二礼二拍手一礼の

二礼二拍手  →この時に願をかける← 一礼

になります。

初めてその神社を訪れた場合は

自分の名前・住所を述べてから、お願いをします。

くれぐれも、あれもこれもお願いをして長時間をその場を占拠しないように。

迷惑行為だけは気を付けましょう。

願掛けで大切なこと

大切なのは感謝の気持ちですよ。

あなたも、もし周りの人の頼まれごとばかりされて

それをやっても、お礼の一つも言ってくれなかったら

嫌な気持ちになるでしょうし

もう頼まれてもやりたくはありませんよね。

神様だってそうです。

いつも守っているのに、感謝もせずに

次はこれを叶えて!

と言っていたら相手にもしてくれなくなります。

感謝

はとても大切なことです。

さて、帰る際は鳥居を出て、

鳥居の方へ向き直し、一礼しましょう。

神社の参拝の正しい仕方~二礼二拍手一礼 願掛けで大切なこと&参拝の後は?

参拝の後は、どこにも寄らずに真っ直ぐ家に帰るのが良いようです。

せっかくの初詣に行っても貰った福を

途中で落としてしまうからと言われています。

大切な福を、ちゃんと家に持ち帰って、良い1年にしたいですよね。

matome

Select-256 二礼二拍手一礼が基本

Select-256 神社によっては特殊な仕方がある

Select-256 願掛けで大切なのは感謝の気持ち

Select-256 参拝後は大人しく帰宅しよう

スポンサードリンク

サブコンテンツ

スポンサードリンク

めちゃカワイイ!!

激カワイイ女性たち1

激カワイイ女性たち2

激カワイイ女性たち3

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player