「映画 赤字」タグの記事一覧

【映画】損失192億円の大作も…18年大赤字映画トップ5発表

【映画】損失192億円の大作も…18年大赤字映画トップ5発表

1: muffin ★ 2019/05/28(火) 12:41:11.39 ID:bu1PjRN39
https://www.nikkansports.com/entertainment/column/chitose/news/201905280000212.html
2019年5月28日

本格的な夏を前に早くも今夏一番のヒット作となりそうな「アベンジャーズ/エンドゲーム」。公開から1カ月もたたずして北米の興行収入で「アバター」(2009年)を抜いて歴代2位に躍り出た同作は、首位の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(15年)の9億3666万ドルにどこまで迫ることができるか注目されていますが、世界興行では首位の「アバター」を抜き去ることが期待されています。大作がめじろ押しの夏映画で独り勝ちしそうな「アベンジャーズ/エンドゲーム」ですが、こんな化け物映画が出てくる一方で巨額の予算をつぎ込みながらも興行に失敗して大赤字となる映画も少なくありません。動画配信サービスの台頭や映画館の入場料の値上がりなどで年々劇場に足を運ぶ人が少なくなっているといわれる中、昨年大赤字となった映画トップ5が発表されました。意外な大作も名を連ねており、映画製作の難しさが浮き彫りになる結果となっています。

◆第1位 「移動都市/モータル・エンジン」 損失:1億7480万ドル

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるピーター・ジャクソン監督が2億ドルの予算で製作した本作は、フィリップ・リーブ氏のSF小説「移動都市」を映画化したもの。内容は面白そうという声が多かったものの、ほぼ無名のキャストや宣伝の失敗などで公開早々失速。フランチャイズ化も狙っていたようですが、日本円にして約192億円という大赤字で続編の製作は頓挫となりそうです。

◆第2位 「リンクル・イン・タイム」 損失:1億3060万ドル

ディズニーが手掛けた女性作家によるSF児童書「五次元世界のぼうけん」を原作にした映画ですが、内容が分かりにくいとの声が圧倒だったことが理由。原作は知名度もある人気小説で、キャスティングでも人気司会者オプラ・ウィンフリーやリース・ウィザースプーン、クリス・パインら著名俳優が出演していたにも関わらず、予告編を見ただけで見る気がなくなった人も多かったとか。1億ドルの予算を投じたものの大失敗に終わりました。

◆第3位 「ロビン・フッド」 損失:8370万ドル

91年にケビン・コスナー、08年にはラッセル・クロウ主演で映画化されたこともある中世イングランドの伝説的英雄ロビン・フッドを新たな解釈で描いた本作は、「キングスマン」シリーズのタロン・エガートンが主演でオスカー俳優ジェイミー・フォックスも加わり、激しいアクションシーンも盛り込まれたものの新鮮味にかけたことが敗因。

◆第4位 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 損失:7690万ドル
https://www.nikkansports.com/entertainment/column/chitose/news/img/201905280000212-w500_0.jpg
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が記録的大ヒットになったのとは打って変わってハリソン・フォード演じるハン・ソロの若かりし日を描いたスピンオフ2作目は、期待外れな結果に終わりました。「スター・ウォーズ」シリーズの中でももっとも愛されているキャラクターの一つハン・ソロで大役を射止めたのは新鋭のオールデン・エアエンライク。しかし、このキャスティングを巡って「ミスキャスト」の声が上がった他、監督の途中交代劇などドタバタ感も失速の原因の一つに。さらに「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(17年)が公開されてから半年もたたないうちに次回作が公開されたことも、スター・ウォーズ疲れにつながったといわれています。

◆第5位 「くるみ割り人形と秘密の王国」 損失:6580万ドル

チャイコフスキー作曲のバレエの名作「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化した本作は、キーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマンら豪華キャストで美しいバレエの世界を豪華絢爛(けんらん)に映像化した期待作でしたが、予想以上に子供受けが良くなかったことや同日公開された「ボヘミアン・ラプソディ」が想定外の大ヒットしたことも影響したといわれています。

【千歳香奈子】

サブコンテンツ

スポンサードリンク

めちゃカワイイ!!

激カワイイ女性たち1

激カワイイ女性たち2

激カワイイ女性たち3

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player